普通に生活しているつもりなのに、いつまで経っても排便がないと、自分の体は大丈夫なのかと心配になりますよね。
排便できずにお腹が張ってくると、テキパキと体を動かすのもおっくうですし、食事の時間になっても食欲が湧いてきません。

こんなに便秘が続くなんて、ただの便秘じゃないのかも・・・?
もしかして宿便のせい・・・?

もしかしてそんな風に思っていませんか? パイプの詰まりを取り除くと水が勢いよく流れるように、腸の中で溜まって流れをせき止めている宿便を出してしまえば、排便も元どおりになり、スッキリするような気がしますよね。

でも、便秘の本当の原因は宿便ではないんです。

便秘の本当の原因は、宿便ではなく腸内環境の悪化です。

便が思うように出ないのは、便が肛門まで正常に運ばれず腸内で溜まっているせいです。

じゃあ、なぜ腸内で便が溜まってしまうかというと有害物質を生成する悪玉菌の増加のせいで腸内環境が悪化し、腸の便を押し出す働き(ぜん動運動)が鈍くなってしまうから。

ですから便をスムーズに出したければ、まず腸内環境を整え、腸の働きを正常に戻すことが必要です。

つまり、便秘を根本的に解消させる方法と宿便を出す方法は、似ているようで実は全く違いますから、便秘を解消させたいのなら、宿便をどうにかしようとするよりもまず、便秘の根本的な原因を取り除いてあげるべきなんです。

ちなみに、どうしても宿便を出したい場合は腸内洗浄という方法があります。
腸内洗浄は、腸内にある宿便を強制的に出す方法で、病院で治療してもらえます。

でも腸内洗浄は、とにかく痛いとの噂・・・。

お尻から管を入れ、そこから生理食塩水を腸内に流し込み排出するという流れを数回繰り返すというのが腸内洗浄です。

生理食塩水と溜まった便を一緒に出すのですが、医者や看護師の前という恥ずかしさもある中、さらには猛烈な便意を我慢したり痛みを我慢したりと、決してラクな施術ではないそうです。
終わったらスッキリ感はあるのでしょうが、痛みや恥ずかしさを伴う治療を我慢できますか?
私は・・・ちょっと遠慮しておきたいですね(汗)。

しかも、腸内洗浄というのは、洗浄したらもう便秘にならないというものではありません。

あくまでも一時的な洗浄ですから、一旦は腸内がリセットされますが、根本的な改善がなければ元の便秘にに戻る可能性があります。

それだけではなく、場合によっては腸内洗浄を行う前よりも便秘が悪化することも。

もし腸内洗浄の痛みなどに耐えられたとしても、結局は腸内環境が整っていなければ元通りになってしまうというわけです。

「だったら、どうやって腸内環境を整えたらいいの?」

そんなあなたに腸内環境を整えてスッキリさせる方法をわかりやすくお伝えします。

宿便にも効果的!腸内環境を整えお腹をスッキリさせる方法とは

腸内環境を整える方法はいくつかありますが、基本は生活習慣や食生活を見直し改善することです。

腸内環境を悪化させる原因は、偏った食生活や生活習慣と言われており、例えば、フライやラーメン、インスタント食品など油っこい食事が多い人は、まず和食中心の食生活に切り替え、食物繊維を意識して摂るように変えていかなければなりません。

生活習慣においても、タバコや飲酒はもちろん、睡眠不足やストレスも腸内環境の悪化につながります。腸内環境を整えるためには、まずは食生活や生活習慣を改め、体をいたわってあげることが基本中の基本です。

ちなみに、食事や生活習慣を変えるだけでは、すぐに劇的な効果を得られませんから長い目でみて努力を続けなくてはなりません。

いやいや、そんなのムリ!
好きなものが食べられなくなったり、突然習慣を変えるなんて大変すぎるし、しかも我慢をずっと続けないといけないなんてイヤ・・・・!

もしそう思われたなら、腸内細菌のバランス改善に効果があると言われる、乳酸菌をヨーグルトやサプリから摂るという方法もあります。

ヨーグルトや乳酸菌飲料に含まれる、乳酸菌やビフィズス菌が腸の働きを高めてくれることはTVCMなどでもよくご存知ですよね。
毎日ヨーグルトや乳酸菌飲料を飲んでいれば、徐々に腸内環境がよくなり便秘が改善される可能性はあります
ヨーグルトや乳酸菌飲料は、コンビニやドラッグストア、スーパーなどで手に入りますし、それほど無理なく続けられそうですよね。

ただ、ヨーグルトに含まれる動物性脂肪は、摂りすぎると動脈硬化や脳梗塞などの生活習慣病を引き起こすリスクがあると言われていますし、つめたいままのヨーグルトを食べるとお腹がゆるくなってしまう方もいます。

また、日本人の体はヨーグルトに含まれる乳糖を分解する酵素が少ないため、乳糖が分解されないまま長く腸内にとどまることもあり、
それがさらなる便秘の原因になることもあるそうです。

お腹を下したり、便秘を深刻化させるリスクがあると思うと、習慣にするのは考えてしまいますね。

ほかには、サプリで摂取する方法もあります。
サプリメントなら、お腹を下す心配もありませんし、病気のリスクもありません。
ですが、乳酸菌が摂取できるサプリメントは種類が豊富で、自分に合うものを探すには実際に飲み比べてみなければわからないため、お金も時間もかかります。

さらに定期購入するとなると、面倒な手続きがあるせいで、やめたいときにすぐに止められないというデメリットがあることも・・・。

安全で簡単に続けられて腸内環境を整えお腹をスッキリさせる方法

ヨーグルトや乳酸菌飲料、サプリのどれも続けるにはリスクやデメリットがあるなんてちょっと怖い、もっと安全で簡単に続けられる方法はないの?

そう思われる方におすすめなのが、毎日「お酢」を摂取する方法です。

お酢には、善玉菌を増やしたり活動を活発にさせたりするグルコン酸や短鎖脂肪酸が含まれています。お酢を摂取することで善玉菌が増えたりその活動が活発化したりすれば、腸内細菌のバランスが整い自然と腸の働きは元に戻ります。

ヨーグルトや乳酸菌飲料の摂取による、副作用やお腹がゆるくなる、便秘が悪化するなどの心配も無用です。

さらに、お酢を飲んでいれば、腸内環境改善だけにとどまらず、美容や健康面で様々なメリットが得られます。

例えば美容面では、美肌効果が期待。

お酢に含まれるアミノ酸は、天然保湿成分として肌の水分保持に貢献します。年齢と共に肌はどんどん水分を保てなくなっていきますから、プルプルの肌を維持するには意識的に不足しがちな成分を補ってあげなければなりません。

しかも冬の季節は特に、乾燥した冷たい空気に肌がさらされるため、カサつきが気になる方も多いのではないでしょうか。

すでに化粧品などで外側からのケアはされていると思いますが、内側からの美肌ケアとしてお酢の力をプラスされると、もっと美肌効果が期待できるでしょう。

次に、健康やダイエットにも効果的です。

お酢に含まれるクエン酸は疲労回復や冷え予防に効果がありますし、お酢の主成分である酢酸は、内臓脂肪を分解し代謝をあげる働きがあります。内臓脂肪は運動するだけでは落とすことができない大敵だと言われていますが、お酢を継続的に摂取することで徐々に内臓脂肪を減らすことができます。

さらには、家族の健康維持としても重宝します。
お酢には、食後の血糖値の上昇をゆるやかにする作用がありますから、家族の中に高血圧や糖尿病を抱えていらっしゃる方には特におすすめです。

血糖値の上昇をゆるやかにするだけでなく、お酢の味覚刺激作用が減塩にもつながりますから、減塩も少しはラクにできるようになるかもしれません。

お酢を飲むだけで、こんなにもメリットがあるなんてすごいですよね。
しかも、摂取方法は驚くほど簡単です。
毎日の30cc、大さじ約1杯分を摂取するだけ、料理にいれてもよし、お水などで割って飲んでも大丈夫です。

家庭でよく料理をされる方であれば、とば屋おすすめのレシピを試してみてはいかがでしょうか?

Cpicon フライパンで作る炒めなます

Cpicon キヌアサラダ

Cpicon さっぱり塩ポン酢牛丼

他にもレシピを紹介していますし、これ以外にもお酢を使った料理はたくさんありますから、料理好きな方は色々作ってみてください!
下ごしらえや工程の多い料理は面倒くさいなあと感じる方は、焼き魚やお肉にかけたり、サラダのドレッシング代わりにお酢を使うだけでも簡単に摂取できます。

もっと簡単にお酢を摂取したいという方でしたら、飲むだけタイプのお酢おすすめです。

飲むタイプのお酢と聞いて、ツンとした独特の感じがするのは嫌だなあと感じた方は、
とば屋の「飲む酢 百年のお酢蜜」というジュース感覚で美味しく飲めてしまうフルーツ味のお酢がぴったりです。
一般的な飲むタイプのお酢は、甘みが加えられていたとしても、お酢独特のツーンとした酸っぱさが強く残っていることが多く、はっきり言ってゴクゴク飲めるようなものはあまり多くありません。
いくら便秘に効くとか、身体にいいと言われても、飲みにくければ続けることが苦痛になってしまいますよね。

それに比べ、とば屋の「飲む酢 百年のお酢蜜なら、ジュースと言われて出されてもわからないほどお酢感がありません。なんとなくお酢が入っている感じはありますが、独特の酸味や喉に残るツンとした感じはまったくありません。

あるお客様は4歳のお子様に飲ませたそうですが、お子様は「欲しい!欲しい!」と言って、2、3杯続けてお代わりしたそうです。小さな子どもでもゴクゴク飲めてしまうほど飲みやすい「飲む酢 百年のお酢蜜」全部で5種類マゲイシロップのシンプルな甘みが特徴の蜜味と、葡萄味、林檎味、蜜柑味、さっぱり感のある酢橘(すだち)味があります。その日の気分によって味を変えたりなどして、楽しみながらお酢を摂取できます。

頑固な便秘を解消したければ、宿便を取り除くよりも腸内環境を整えることが先決です。

腸内環境を整える方法は色々ありますが、毎日たった大さじ1杯のお酢を摂取するだけで腸内環境が整えられ、しかも同時に健康や美容、ダイエット効果までも得られるお酢を最もおすすめします。

信じられないほど飲みやすいとば屋の「飲む酢 百年のお酢蜜」はこちらから購入していただけます。