お酢を飲んでも便秘は治らないって本当?頑固な便秘をお酢で解消させる正しい方法

排便がなく、お腹が張っているときって辛いですよね。3日以上排便がないときや、排便はあるのに残便感があるときの状態を便秘というそうですが、便秘のせいでお腹がスッキリしないと、せっかくのご飯も美味しく食べられませんし、なにより身体がドッシリしている感じがしてダルいなど、言葉ではうまく表現できないような不快感がありますよね。
そんな便秘を解消する方法の一つとして、「お酢」が知られていますが、実はお酢を飲んでもすぐに便秘が解消するわけではないってご存知ですか?

お酢を飲んでもすぐに便秘が改善しない理由とは?

お酢には、腸内環境を改善する効果があると言われていますが、その腸内環境の改善には時間がかかるんです。お酢を飲んだからといって、たった1日や2日で便秘がよくなるわけではありません。
もしあなたが、今抱えている便秘をすぐにどうにかしたい、早く楽になりたいと思っていらっしゃるのなら、便秘薬やサプリメントを使用されることをおすすめします。いろいろなタイプの便秘薬が販売されていますが、大腸を直接刺激して排泄を促すタイプの便秘薬でしたら短時間で効き目がありますから、その日のうちに便秘を解消させられる可能性が高いです。

ですが、これまでに何度も便秘に苦しんでいたり、排便がないのがもはや当たり前という状態になっていたりするのなら、それは要注意です。

なぜなら、健康な身体であれば、排便は毎日最低1回以上あるからです。
3日以上排便がないなんて普通だと思っていませんか? 排便のない状態が普通になってしまっているあなたは、すでに便秘体質になっています。
一度便秘体質になってしまうと、なかなか自然な排便ができません。かといって、全く排便がないわけではないため、自分が便秘体質になっていることになかなか気がつけないんです。便秘体質であることに気がつかないまま、対策を何も行わなければ、今のようにお腹が張って苦しい状態や身体が重くてスッキリしない感じを一生抱えていくことに……。

いざとなったら便秘薬に頼ればいいと思われるかもしれませんが、残念ながら便秘薬は、即効性はあっても体質を改善させる効果はないため根本的な解決にはなりません。それだけでなく、便秘薬を常用もしくは多用することで腸が慣れてしまい、次第に効かなくなったり、自力で排便する力が衰えたりする恐れもあります。
便秘薬が手放せない、強い便秘薬すら効かない、自力で排便できないなんてことになる前に、できれば今のうちから便秘体質を改善したほうがいいと思いませんか?

お酢を使って便秘体質を解消する簡単な方法

便秘体質を改善にするには、まず腸内環境を整えることが大切です。
腸内には、善玉菌と悪玉菌、日和見菌がいますが、この中で善玉菌を増やし活動を活発にさせることが腸内環境をよくする早道です。
善玉菌を増やす方法はいくつかありますが、お酢を摂るのがオススメです。その理由は、お酢の主成分となる酢酸に、善玉菌の餌となるグルコン酸が含まれているほか、腸のぜん動運動促進効果や善玉菌の増加が期待できる短鎖脂肪酸が含まれているからです。

便秘体質改善に効果的なお酢は、毎日30cc摂取するのが効果的
これを最低でも1ヶ月は続けてください。早い方だと1週間ほどで今までと違う変化を感じるかもしれません。

お酢の摂取方法ですが、酢の物やサラダのドレッシング代わりなど、毎日の料理に少しお酢を加えるだけで充分です。とば屋では、お酢を使った簡単なレシピを紹介しています。ぜひ一度ご家庭で作ってみてください。

・厚揚げと野菜の甘酢炒め
Cpicon 厚揚げと野菜の甘酢炒め

・キャロットラペ(フレンチ人参サラダ)
Cpicon キャロットラペ(フレンチ人参サラダ)

・フライパンで作る炒めなます
Cpicon フライパンで作る炒めなます

でも、食事づくりが得意な方はよいですが、意外と毎日料理の中にお酢を使うのは大変ですよね。
「お酢を使ったレシピが思いつかない・・・」
「レパートリーが少なく続けられる自信がない・・・」
「外食が多いから、家ではあまり料理をしないんだよね・・・」

という方もいらっしゃるかもしれません。そういうあなたはは、飲むだけタイプのお酢がおすすめです。
飲むお酢と聞くと、ツーンとしたあのお酢独特の感じが嫌だと思われるかもしれませんが、実はとば屋が作る飲むお酢 お酢蜜は一般的なお酢よりもウンと飲みやすく、ツーンとした感じもほとんど感じません。

「飲むお酢 お酢蜜」をご愛飲してくださる皆様からは、「これって本当にお酢?と思いました」と言われています。
とば屋の「飲むお酢 お酢蜜」の飲み方はとても簡単で、お水や牛乳で割って飲んでいただくだけ。この暑い夏の時期なら、冷たいサイダーや炭酸水で割ると、夏バテ気味でどんよりとした気分もサッパリします。外食が多い方や、あまり料理をされない方、毎日レシピを考えるのが面倒だと感じるようでしたら、飲むお酢で、簡単にお酢を摂取していただくことをおすすめします。
もし、毎回お酢を割るのも面倒と思われるのでしたら、作りおきをして冷蔵庫で冷やしておくとより手軽に摂取できます。外から帰ってきた時やお風呂上がり、朝起きたあとに飲むと、サッパリするのでおすすめです。

一本で約1ヶ月分(お一人様が飲む計算)ですので、まずはこの飲むお酢を飲みきることが本当の腸内改善の第一歩です。

便秘体質改善だけじゃない!美容や健康、ダイエット効果まで!凄すぎるお酢の効果

お酢の効果は便秘体質を改善させるだけではありません。お酢は、美容や健康、ダイエットにも効果があるんです。

お酢には美肌づくりに効果があるアミノ酸が豊富に含まれています。アミノ酸は、コラーゲンの生成に必要な成分で、肌のハリやツヤを整えるのに効果的です。
さらに、天然保湿成分であるアミノ酸を補うことで肌の一番外側にある層(角層)の水分量が増加も期待できます。特に女性や乾燥肌で悩まれている方にとっては、美肌も手に入り一石二鳥ではないでしょうか。

健康面では、疲労回復や冷え予防の効果も期待できます。お酢にすくまれるクエン酸は、継続的に飲用すると疲労感が軽減すると言われていますし、冷え症の原因になる代謝も上がります。
代謝が上がることで、ダイエットにも効果的です。代謝が落ちてしまうと、内臓脂肪がつきやすくなるということをご存知の方もいらっしゃると思いますが、お酢の主成分となる酢酸は脂肪を分解する働きがあり、代謝を上げる働きがあります。内臓脂肪は運動するだけでは落ちにくいという特徴があり、ダイエットをしたい人には大敵です。でも、お酢を摂取していれば、代謝も上がり徐々に内臓脂肪を減らすことができるんです。

さらに、家族の健康維持にもお酢の力が役立ちます。例えば、家族の中に高血圧や糖尿病を抱えていらっしゃる方は、日々の食生活にかなり気を遣われているのではないでしょうか?
お酢の主成分である酢酸には、食後の血糖値の上昇を緩やかにする作用があることが研究で明らかになっていますし、食酢の味覚刺激作用を利用すれば減塩にもつながります。血糖値が気になる方はぜひお酢を毎日摂取していただきたいです。

毎日たったの30ccのお酢を飲むだけで、これまで苦しんできた便秘体質から解放されるだけでなく、健康的に痩せられたり美肌が手に入ったりしたら嬉しいですよね。
飲むだけで便秘体質解消につながる、とば屋の「飲むお酢 お酢蜜」をぜひ一度お試しください。